UIデザインの基本

In Blog by adminLeave a Comment

こんにちは、インターンの松井です!今年の10月~11月にかけてスマホアプリのUIデザイン改修を行いました。その際に「UIデザインのナレッジを会社に貯めたい」という副社長の声があったので、UIデザイン改修にあたって自身が学んだ「UIデザインの基本」をパワーポイントとしてまとめました。
今回は、そこでまとめたパワーポイント「UIデザインの基本」をスライドに落として、紹介したいと思います!

実際のスライドがこちら。

スライド内容を要約すると…
  • UIとは、ユーザーと製品/サービスとの接点
  • 良いUIとは、ユーザーの目的達成を促し、認知的な負担が少ないデザインのこと
  • 良いUIを作成するためには、以下の三点を踏まえた上でデザインに取り掛かることが重要
    1. 「デザインの四原則」を守る
    2. 色の組み合わせ方、決め方の基本を押さえる
    3. 対象デバイス/ユーザーによってUIを変更する

それぞれについての詳しい内容は、是非上記スライドをご参照ください!

UIデザインに関する留意事項(スライド外)

UIデザインに関する留意事項は、UIデザインを改修したからといって、顧客のUXがすべて改善される訳ではないということです。
スライド4枚目の通り、UXとは「顧客の体験」を意味しています。
基本的に、この「顧客の体験」のデザインは以下の図のようにUXデザイナー/UIデザイナーが協力して行います。

UXデザイナー/UIデザイナーの担当領域
画像提供:グットパッチ

故に、今回のスライド内容は、単にサイトのビジュアルやインターフェースなどを改善したい場合は活用可能である反面、製品/サービスの根本的な改善を行う際には力不足の内容だといえます。。

次回は、新規事業候補のビジネスアイデア「メタスコアサービス」についての調査結果を投稿します。お楽しみに!

Leave a Comment