Director新卒で日系ITコンサルティング企業に入社し、ITコンサルタントとエンジニア職を兼務。4年半後、外資系コンサルタント企業に転職。再び転職を考え始めた時期に、元同僚であった社長の大浦に誘われ、サブライムコンサルティングに入社。現在は同社取締役。
ほげほげ
規模感が大きいプロジェクトに携われることが、一番のやりがい

私は現在、サブライムコンサルティングの取締役として、業務推進及びプロジェクト管理業務に従事しております。まだまだ規模の小さい会社ですので、マネジメントのみならず、ITコンサルタントとして現役プレーヤーの役割を果たすこともしょっちゅうです。就活時から一貫してITコンサルタントという仕事に強い興味を抱いていた私としては、大変充実した環境を与えられていると感じています。 所属した会社は弊社が3社目となりますが、社長の大浦とは、もともと新卒で勤めた会社の同期だったというご縁があります。2度目の転職を考えていた時期に大浦と再会し「一緒に働かないか」と誘ってもらったことが、入社の強い動機となりました。 やはり元同期ということで、お互いの力量やスキルを熟知している安心感があり、入社後も業務に関するミスマッチはまったくありません。大浦は起業時からその才を買われ、入社した当初から大きなプロジェクトを任されるという幸運にも恵まれています。やはり「規模感が大きい仕事ができる」というのは、ITコンサルタントとして非常にやりがいを感じる部分ですので、とても恵まれていると感じますね。 これまでで一番印象に残っている仕事は、弊社に入って初めて担当させていただいたプロジェクトです。クライアントは、会社としての「サブライム」とは取り引きした実績がありましたが、私個人とは初顔合わせでした。しかもこの時はサポートメンバーも他におらず、完全にひとりでの業務推進となりましたので、全責任が私に集中することに。 ただし、私は単独で動くことも得意としています。自分の力量は、自分自身が一番よく分かっていますので、最も使いやすい“駒”であるとも言えるからです。自身ができることとできないことの線引きがはっきりしているので、プロジェクトの推進にも迷いがありませんでした。転職して初めてのコンサル業務は大きなチャレンジでしたが、無事に成果を出すことができ、クライアントからのリピートにも繋がっています。これは大きな成功体験として記憶に残っています。

エンジニア時代に学んだ技術力が、コンサルタントとしての自信を深める

新卒でITコンサルタントを目指し始めた頃から、まずはエンジニアとしてシステム開発の基礎知識を身につけることを目標としました。技術的なことが分からなければ、コンサルとして客先で議論することもままならないだろうと感じたからです。そこで、最初の就職先はITコンサルタントとエンジニアを兼務できる会社を選び、4年半程じっくりシステム開発を学ばせていただきました。 この経験は今でも非常に役立っており、自分の選択は間違っていなかったと自負しています。エンジニアとしての知識があることで、コンサルティング業務の中で少し技術的な話になっても、会社に持ち帰ることなくその場で解決することができます。持ち帰りが発生すると、その分リードタイムができてしまい、プロジェクト全体にブレーキがかかることになりかねません。スピーディかつ円滑なプロジェクト推進には、やはり技術面での理解が欠かせず、ITコンサルタントとしても大きな強みとなります。 弊社のコンサルタントは、全員がシステム開発の基礎を学んでおり、クライアントからも重宝されています。もちろん実務未経験者もおりますが、入社してから自ら学習することで、基礎的な技術力を身につけています。まずは学ぶ姿勢が大切ですので、経験が無くとも大丈夫です。 コンサルタントという仕事は、業界に関わらず、確実な成果が求められる世界です。どんなに良い仕事をしても、結果が伴わなければ意味がありません。そう聞くと厳しいと思われるかもしれませんが、自分の経験や知識をカタチとして表せるのはとても面白く、やりがいがあることです。ぜひ若い皆さんのチャレンジをお待ちしています。
Image